睡眠の質を上げるための生活習慣

夜なかなか寝付けない、よく寝たつもりなのに朝疲れが残る、寝た気がしないなどは睡眠の質を改善する必要があります。睡眠の質を上げるには生活習慣の見直しから始めましょう。生活習慣といっても、自身では当たり前のように日々を過ごしていると思いますが、例えば夜寝るのが12時過ぎだったり、寝る前にパソコンやスマートホンを長時間使用する、暴飲暴食などはよくありません。寝る2時間前には部屋の電気を暗くして脳を落ち着かせる必要があります。脳が活発化している間は眠気が訪れる事が難しいのが現状です。睡眠を誘うような事を日々実践すると改善されていきます。アロマを炊いて心を落ち着かせる、静かなクラシカルな音楽を聴く、暗い部屋で目を閉じてなにも考える事のない時間をつくる、入浴のあとにリンパマッサージをおこなうなど、手軽にできる事もたくさんあります。改善薬を使用する人もいますが、慢性化してしまう可能性があるので、できれば自然に改善していく方法が理想的です。また寝る2時間前というのはとても大切な時間で、飲食も避けるべき時間帯となります。今の時代はストレス社会であり、寝る前になるとその日に感じたストレスの要素を思い出してしまったりして寝付けなくなるという人も多く、精神的な面でもケアが必要となる場合もあります。ストレスをフリーにするには、心を癒す、穏やかな気持ちになる、断捨離が必要ですが、簡単にできないものです。好きな事を数分でも取り入れる事で少し解放される事もあります。また寝具を見直すというのも効果的で、枕などでも睡眠の質を上げる事は可能です。オーダーメイドでつくる事もできます。睡眠の質を上げる事で、身体の循環もよくなり体調も整えられ、腸内環境などにも反映します。女性のかたであれば、肌のターンオーバーなども整える事ができます。規則正しく生活するのは難しいですが、食生活なども徐々に変えていき、身体の時間割を改善し、精神的な面でもその日のうちにリセットをかけて質の良い睡眠へと導きましょう。